Of The Day

 

夢は叶うものだとおもっていた。

 

執着心ではなく、わたし自身の自尊心の問題だった。

 

明日も会えるのに、別れるときに触れ合う手、絡まるイヤホン、遠くて近い未来のこと、髪を明るくする想像、はなればなれになった猫、わすれてゆく輪郭、色のつくまぶた、にどと行けない駅、なにもかもしゃべりおえたように去ったひとの温度、泣きやんだ先の夏。

 

眠りについた小さな都市の光を考えながら、眠る。