may

 

 

 左足のこゆびに、おおきな水ぶくれができた

そこはちょうど靴をはくと、なにをどうはいても当たるので外に行きたくない

がしかしいまのわたしに休日というものは存在しないので痛みに耐えるしかない

赤く膿んだそれをみるとつっついて破裂させたいきもちが抑えきれずけれどちょんと触るだけで叫ぶほど痛いので大馬鹿者、と涙。

 

 

 

 

生活をあまり豊かにしたくない

 ふえればふえるほど逃げられなくなる

そう思うのはまだここで一生を過ごす覚悟がないからです

豊かにせず要素を減らし怠けなければ、少しのものでまわせる

ひとりで生きてる実感を取り戻して安堵した真夜中天井を見上げる、へんなかたち、わたしの新しい家、わたしをまもるのはわたし、と、好きな音楽小説映画

 

ねむくなってきてうれしい

眠れない夜がきらい

実家にいたとき、わたしがまだ母より先にベッドに入っていたとき、母は眠る前わたしの部屋に寄って髪をやさしくなでて額にキスをしておやすみ萌、と言ってた わたしはそれがすきで寝てるふりをしていた