読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pity

 

わたしがなんど泣いても驚いて抱き締めておなじように泣いて顔に触れて涙を拭うのはただひとり。なにも持っていなくても、なにもできなくても動けなくてもゆるしてくれたのも、ただひとり。そういう愛に触れつづけていたから、それ以外のものにわたしは鈍い。そういう愛を、わたしもあげられたらとおもった。それは簡単なことのようにおもってた。簡単に当たり前のようにもらっていたから。

 

わたしはすこしつよくなって、あんまりねむらなくてもへいきになって、自分をちゃんと見てあげられるようになった。はずだった。

毎日書こうときめたブログは4月25日でとまってて、本を読むきもちも失って、ききたい音楽はハイエイタス以外なくなった。

すべてが良くなっていけばいいと、いつもそうおもう。嘘を嘘じゃなくする術をわたしは知っていてあのひとは知らないというだけなのに、滲んでいくのをとめられない。

 

消えない共有願望に辟易する。