clone

 

もともと、自分のことを好きな人間ではなかった。この世界で生きていくには嘘でも騙してでも自信やプライドが必要で、それをつくるのにずいぶん時間と気力を使った。ちっぽけだった自尊心が崩壊した今、自分の本音など取るに足らないものとなってしまった。東京で生きていく上であまりにもちいさいもの。なのか、ほんとうに。ほんとうに?と問いかけ続けるとますます見失ってしまって、だれかに話をすることもできなくなった。わたしはだれも信じていないから、だれもわたしを信じてはくれない。わたしは一方通行が大嫌いで信じてなくて、良いことも悪いこともすべて等しく返ってくるものだと思っている。わたしが嫌いなあの子はわたしのことが嫌い。だけど、わたしが好きなあのこはわたしのことが好きじゃなかったりする。わたし以外への気持ちは簡単に変わるはずないって思うのに、わたしへの気持ちなんて簡単に変わってしまう気がする。まっすぐになればなるほど傷つく、昔からそう、ずっとそう、学べよ、馬鹿な子。

だれよりもなきむしだった、それは昔のはなし、いまさら弱くて情けなくてうざったくてみてられないから、へいきでわらってよく食べよく眠りよく働く。それがここでの、東京での、生きる術。

ただすこしつかれただけ、まだがんばれる、にげたい、そんな時間はない、泣かないでねむって、めがさめたらしゃんとして、がんばれ、がんばれいつか死ぬ。

広告を非表示にする